hurohusi

魅力的な目元に憧れて、まつげ美容液を購入したもののついつい付けるのを忘れていたらもったいないですね。
まつげ美容液は、注意点さえ守れば思っているより簡単に使うことが出来ます。
続けることがなにより大切なのでこれから続けていきましょう。

まつげ美容液はまず自分の皮膚に合っているか、簡単なパッチテストを行ってから使用しましょう。
続いてまつげに着ける場所ですが、絶対に注意したいのは目の粘膜や目の中に入れないことです。
万が一入れてしまった場合はすぐに洗い流しましょう。
チップタイプ、筆タイプのものはまつげに沿って全体的に優しく塗ってあげ、まつげの根本の皮膚にも慎重に塗っていきます。
下まつげも同様に根本からまつげに沿って塗りましょう。
細かい作業が苦手という方はヴァセリンやプロペトなどの保湿液を塗ることもおすすめです。
これなら万が一目に入ってしまっても有害なものが少ないのでまだ安心できます。

美容液をつけるタイミングですが、寝る前に付けることで、余計な擦れを防いで育毛してくれるのでお休み前に付けるのがおすすめです。
また、できれば洗顔後のスキンケア前に一番にまつげ美容液を使用してみてください。
皮膚に付いた化粧水などの油分がまつげ美容液を妨げてしまうこともあります。

まつげ美容液について、私はここを参考にしました⇒まつげ美容液 使い方

関連記事


    rb

    効果の高いまつげ美容液として口コミで有名な「リバイブラッシュ」まつげ美容液で皮膚トラブルに合ったことがある方にもお勧めな17種類の無添加素材で作られた低刺激のまつげ美容液です。 少ないまつげ、ビュー…


    化粧品会社が提供しているトライアルセットを入手すれば、 主成分が同一の基礎化粧品の基本的なセットを使って試すことができるので、 そのラインの商品が自分の肌のタイプに対してぴったりなのかどうか、 付け心…


    美白で困ったら美容皮膚科で相談するのをお勧めしておきます。 なぜなら美白は治療で作ることもできるからです。 肌の状態や美白を作りたい場所にもよるのですが、肌のくすみなど改善しにくいものもきれいに治すこ…


    特典付きであったり、かわいらしいポーチがもらえたりするのも、 化粧品のトライアルセットをオススメする理由です。 旅行先で使用するのもオススメです。 しっかりとスキンケアをするというのはオススメではある…


    セラミドの材料となるミルクセラミドは、 セラミドの合成を促進するとして注目を浴びています。 大豆やコンニャクなど、植物性のものと比べ、楽に吸収されるとも言われています。 タブレット、キャンディという形…