2013年の場合、看護師の年収の平均金額というのは、472万円という結果が出ています。全職業に従事している女性の平均的な年収は、200~300万円だから、看護師という職業の給料は、平均を大きく超えるレベルだと言えるでしょう。
看護師の第一位は、50~54歳の方で約550万円。職種を問わず女性労働者だと、60歳の定年の後年収が300万円程度に低くなる状況でありながら、看護師の年収額は、400万円位という現状です。
同じ年齢くらいの人の給料の相場と比べると、看護師が受け取る給料の額は高額な傾向にあるようです。雇われているところによってかなり開きがありますから絶対とは言えないのですが、年収の一般的な金額は400万円台だと思います。
看護師転職を応援する当サイトならではの見方で、過去の利用者による本音や裏情報など、独特の基準を元にして、活用してほしい看護師転職支援会社を、ランキング表示も交えてご披露しています。
看護師をしている友人や知人、先輩なんかが、今までの転職・再就職で活用した求人サイトの中で、イメージの良かったというサイトがどこだったか聞いておけば、酷い目に会うことも減らせます。

心機一転、転職を検討している看護師の方々が希望に沿った新たな職場で雇用してもらえるように、相談担当のキャリア・コンサルタントが最高の支援をしております。
参考ページ:医療センター 看護師 求人
退職前では、求人者との面接の日程調整をするのも大変です。転職支援エージェントにお願いすれば、あなたが希望している条件を言うだけで、条件に沿った求人を迅速にピックアップしてくれます。
募集がスタートされても、ただちに応募者が満員になってしまう場合もみられる人気が高い他では見れない非公開求人だって、看護師転職サイトで会員登録を済ませておけば、先に紹介を受けることも問題なくできるのです。
企業や学校内の保健室勤務の求人は、定時以降の残業勤務がまずないですし、土日などの休日もしっかりと確保できるので、募集が開始されると、ほぼ1週間で決まってしまうくらいのダントツの人気です。
卒業した学校と転職した数が係わりがあるかどうかは、一概には言えませんが、看護師になって仕事を始めた時に何歳であったのかが、転職の回数のファクターとしてあると指摘されています。

お年寄りが増えていることで、病院・診療所以外の増加している老健施設・介護施設などでの募集が急増しています。そのうえ、04年施行の改正労働者派遣法ですとかインターネットの普及が、「派遣看護師」という業務が増えていることにつながっているのです。
大概の看護師に関しては、生まれ育った地域の学校を卒業し、地元周辺で就職します。結婚すれば、看護師の足りていない区域での仕事のために、「単身赴任」することは不可能だと言えます。
転職のための活動をしていく上で心掛けてほしいのは、少なくても3つくらいのなるべく大手の看護師転職サイトで会員になって、ご自身でも再就職・転職活動をやっていただくということです。
転職活動をしている訳とか目標ごとに、もってこいの転職までの流れとか看護師向けの転職サイトをお伝えして、携わった看護師の方全員の転職が満足できるものになるようにお力添えすることが目的です。
キャリア・カウンセラーというのは、募集部門の看護師長の気質や好みまで分かっていると聞きます。ここまで詳しい情報は、関係者以外は簡単に手に入れることは不可能です。

関連記事